一本の指で知る事

 

もし、今いる場所で突然、火事や地震津波などが発生しすぐにでも逃げ出さなきゃ行けない場合に何を持って出て行くか。

 

親の形見などを持ち歩いている人を除けばほとんどの人は財布か携帯電話と答えると思う。

私は欲張りなのでどちらかなんて選ばず、その二点を手にして逃げる。

 

財布には金銭はもちろんだがカード類や身分証を入れているので紛失するとかなり面倒だ。

(過去に三度経験している経験者として言う)

 

その財布と肩を並べるほど、なくてはならない存在となった携帯電話。

 

手元にあるのがあまりに当たり前となったのは私が学生の頃からだろうか。

世に携帯電話が普及し、気付けば一人一台持っているのが当然となっていた。

 

その携帯電話がスマホに変わったのなんて最近の話で当時は写真を撮ることができる新機種のCMを見てかなり驚いたし絵文字が動くこともパソコンではなく携帯電話でHPを作れたりすることにもいちいち驚いた。

 

 

自主制作でHPを作る時代を経て、当時は招待制だったmixiの大ブームが到来。

 

初対面の人とも連絡先を交換するよりハードルが低く感じたのでとりあえずマイミクになった。

 

誰が自分を最初に招待してくれたかなんてもちろん覚えてないし、きっと"お友達"になった人の中にも自分が覚えてない人もいる。

 

登録をしていない人を見つける方が困難だったmixiも、今やまだアカウントにログインが出来る人を見つける方が難しい。

 

 

一体みんな、いつやめてしまったのか。

 

 

 

「今日、閉鎖します!」

なんて宣言もされてないしmixiを辞めよう!という運動があった訳でもない。

気づけばみんな開かなくなっていた。

 

それがfacebookInstagramTwitterに移行していったと言えばそれまでなんだけどあれだけみんな日々日常を綴り、生活の一部としていたものがあんなにぼんやりと消えてしまうのかと思うとなんて儚いんだろう。

 

あの中にいた、"お友達"と呼ばれる人も一緒に消えてしまったかのようにその後を知らない人がたくさんいる。

 

 

指一本で近況を知る事が、考えを知る事ができるから会ったつもりになって、知ったつもりになっていた。

 

それはガラケーからスマホに変わってSNSツールが変わった今も全く変わってない気がしている。

 

Twitterでその人の今の心の声を見て、

Instagramfacebookでその人の近況を知る。

最近どう?なんて聞かなくてもその人のことを知った気になれる。

 

でもそれらのツールを使わなくなった時に普段から頻繁に連絡を取るような相手でなければ

ふとした時ぐらいにしか思い出さなくなる。

ひどい時には記憶にすら残っていない。

 

 

携帯電話がない時代は待ち合わせは大変だったんだろうな

遠距離恋愛なんてどうしていたんだろう

どんなふうに時間を潰していたのかな

そういえば家の固定電話って最近使ってないな

 

どこでもドアもなければタイムマシンもまだないけれど、

携帯電話やスマホのおかげでかなり便利な時代になっている。

 

 

 

けれど

 

その便利さがたまに淋しくさせるときがある。

 

しようとすれば、簡単できる。

だからこそしない、いつでもできるから。

 

 

その便利さと簡単さがひどく淋しい。

 

 

 

そんなことを結局スマホに向かって打ち込んでいる。

 

これからもこの便利さにすがりついていくんだろうけど、きっとこの淋しさも忘れてはいけない気がしたので書き残した。

 

情けないけど、人間の記憶より確かだから。

 

明日も、忘れたくない事が一つでも増えますように。

(AMまもなく3時の布団の中より)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラッシュバック

 

 

 

高校三年生の三学期。

クラスでの卒業文集を作るのにあたり様々な項目においてのクラスメイトのランキングを掲載することになった。

 

アンケートは匿名で行われたリアルなもの。

 

当たり障りのない項目が並ぶ中

「いい匂いのする人」のランキングがあり、

そこで私は人生で初めての1番を取った。

 

その出来事のせいではないが、あれから10年経った今も同じ香りの香水を纏っている。

 

 

10月になり街を歩くと金木犀の香りが漂っていた。

人間の鼻には匂いに慣れるという、好ましくない匂いの時には嬉しい機能が授かっているがこの時ばかりは邪魔だな、と思ってしまう。

私は金木犀の香りが好きだし、この香りがすると思い出す事がある。

 

その時その時で流行る香水があった。

私が覚えているものでは

 

女子でいうと

エンジェルハート、YSLのベビードール、

クロエ

男子は

ウルトラマリン、スカルプチャー、ck1

 

あまりにみんながつけていたので、街中でこれらの香りがするとその当時に突然引き戻された気持ちになる。

 

休み時間の廊下で

放課後の教室で

そこら中にあった匂いだ。

 

誰がつけていたかは思い出せないしもちろんそれをつけていた誰かはそこにいない。

 

 

どこに咲いているのか見つけられないのに確かに香りはして、その存在を示している金木犀のようだと思うのだ。

 

 

私にとっては特に懐かしくないいつもつけている香水も、誰かにとってあの時の匂いになっているのだろうか。

 

 

そんなことを考えながら少し冷たくなった空気の中で思いっきり深呼吸をした。

 

 

 

拝啓、

人もまばらなバスの中で一通のLINEが届いた。

20代前半、とにかく一緒に過ごす時間が多かった友人からだ。

 

先日結婚をした彼女からのメッセージは

「来年母になる」

という知らせだった。

 

 

10年程前の私は成人しているのにまだ大人と呼ばれることに違和感を感じて、そんなわけないのにこのまま20代が永遠に続くような気がしていた。

 

子供からすると十分に将来にあたる年齢なのにそれでも先が見えず歳を重ねることはどこか他人事で、不安が大きいから楽しい事で埋めて誤魔化す日々。

 

周りからの結婚報告やSNSで見かける日常を見てはどんどん置いていかれている気がして、大人になった自分の体にタイムスリップしてきた昔の自分が心だけ入れ替わったような気持ちで過ごしてきた。

 

そんな漠然とした不安さえも共感できるほどに、弱さも見せ合いバカなこともたくさんしてとにかく彼女といるときは笑いが絶えなかった。

 

そんな彼女が結婚をしただけでも感慨深かったのに、この世で一番大事な人との間に命を授かったのだ。

 

将来が不安で家庭を持つ人の話が別世界に感じたようなあの頃の友人の面影はもうない。

 

自分の手で幸せをしっかりと掴んだ。

 

 

その事実がとにかく嬉しかった私は、

「おめでとう」の一言を返信するよりも先に涙が溢れた。

 

こんな日がくるんだから大丈夫、

とあの頃の私たちに声をかけてあげたいようなサプライズとして残しておきたいような。

 

 

 

クリープハイプ の新しいアルバムタイトルに対して何がだよ、なんて悪態ついていた私もその時初めて納得できた。

 

「泣きたくなるほど嬉しい日々に」

 

再生ボタンを押し、

嬉しい報告を改めて噛み締めた。